2011.8.27からカウントしています

追記・平成28年度総会・第194回例会そして交流懇親会

近々のこけし催事については、右リンク欄の東京こけし友の会大阪こけし教室を御覧ください。
1つ前の記事にも少しご案内がございます。

ここで、いらしてくださった岡崎幾雄さんから衝撃的情報がありましたので、冒頭に書かせていただきます。
山形の「みちのくこけし祭り」今年はなんと12月の上旬ということです。
正確には12月第一土日、12/3土、4日です。
会場は昨年からの大きな運動施設である山形ビッグウィング
高速道路から至近です。
昨年同様、みちのくこけし祭り以外のイベントと抱き合わせでの開催となりますので、お楽しみ満載です。
今年は師走に入ってすぐの週末は、山形行きですね。
その次の週、12/11日曜が青葉こけし会例会、これもどこかに覚えておいてください。

今週末6/25土・26日はカメイ美術館に津軽こけし館がイベントにやってきます。
津軽こけし館
Special 2days! in カメイ

詳しくはこちらへ

   * * * * * * * * * * * * *

さて、昨日は蒸しましたがその前日ほどの暑さはなく、例年のごとく仙台ビジネスホテルに皆さんお集まりくださいました。
10時〜平成28年度総会・第194回例会が、つつがなく行われました。

2016061902.jpg

2016061901.jpg
受付で会費を納めるとどちらか1本いただける総会の日だけあるお土産こけし、今年は土湯の今泉源治さんの小寸2種。どっちが来ても嬉しい笑顔の会員たちです。

前年度の運営報告と今年度の運営予定、前年度の会計報告と今年度の予算承認など真面目にこなしました。

例会をもれなく通った兵たちに贈られる「皆勤賞こけし」。
2016061905.jpg

2016061903.jpg

年一回発行の機関紙「青葉」の原稿を寄せた会員に贈られる「原稿賞こけし」
2016061904.jpg

の贈呈が終わると、ついに今年もやってきました。福引こけしの時間です。毎年、こけし工人さん達のご好意とご厚意によって成り立っているこのイベント。今年、ねぎしで開催の下谷こけし祭りとバッティングしたのですが、新山吉紀さんと真由美さんは忙しい中でも弥治郎の数人の工人さんにお声がけくださってまとめてくださいました。ここに書ききれないほどの感謝を、こけしを寄せてくださった多くのこけし工人さんにお伝えします。手にした会員からはお礼の連絡が行きますので、どうぞお待ちになっていてください。

ここまでは青葉こけし会会員のみの総会懇親会でした。
この後は階下へ移動して、あちこちから来てくださった工人さん、愛好家の方々と、お酒も入る交流懇親会です!
お腹も空いています。
2016061906.jpg

皆さんから励ましのお言葉をいただいた後は乾杯です。
2016061907.jpg

2016061909.jpg

2016061908.jpg

2016061914.jpg

一旦お開きになり、再び2階のさっきの会議室に戻り、今度は明るい空間で二次会。
みんなで集まって写真、なんていう楽しみも倍増です。
2016061915.jpg

2016061912.jpg

高橋五郎先生が提供してくださった、貴重な中ノ沢の大寸、佐藤正廣さん康広さんが提供してくださったこけし4本を、じゃんけん大会で勝ち取るというアトラクションも発生しました。
2016061917.jpg

2016061916.jpg

楽しい時間も過ぎて本当のお開きになり、荷物を片付け会長の車に積むと今年も総会が終わったなと思います。
この後、おとなしく帰路につく者、数人で飲みに行く者、思い思いに会場を後にしました。

今回ご出席下さった工人さんは(お名前は工人緑記載の順番です)渡邉忠雄さん、小倉勝志さん、佐藤一夫さん、小笠原義雄さん、佐藤正廣さん、佐藤康広さん、菅原和平さん、岡崎幾雄さん、梅木直美さんです。お時間繰り合わせてご参加くださったおかげで、会員も遠方からいらした愛好家の方々もとても楽しい時間を持つことができました。本当にありがとうございました。

第193回例会ご報告

近々のこけし催事は、右側のリンク欄から
東京こけし友の会、大阪こけし教室、
他各リンク先でご覧になってください。

もうすぐ土湯こけし祭り

カメイ美術館での古作こけし展
カメイ美術館の次回展示は4/26火〜7/24日開催の
『誠一が愛した井上家のこけし』展です。
震災で津波にのまれ亡くなったこけし蒐集家である
高橋誠一さんを偲ぶ展示内容となります。
これに付随して『NPO法人桜ライン311』がこけしの寄付を求めています。
保存状態の良いこけしで、不要になったこけしがあったら4/28までにカメイ美術館へお持ちいただきたいとのことです。翌日4/29より2〜3日間カメイ美術館で、他都内2カ所でチャリティーこけし販売をし、桜ラインへ寄付することになります。
詳しくはこちら桜ライン311サイトにてご確認ください。

 * * * * * * * * * * *

仙台市のお隣、多賀城市にある東北歴史博物館
では『郷土玩具の世界-手島コレクション-』を
~6月26日(日)まで開催中です。
 9:30~17:00(発券は16:30まで)
 月曜日休館(祝日・休日の場合は翌平日)
  ※3月21日(月・祝),5月2日(月)は開館
  ※3月22日(火)は休館
観覧料金 常設展観覧料金でご覧になれます。
一般400円(20名以上の団体は320円)
小・中・高校生無料
主催 東北歴史博物館

博物館に対するお問い合わせやご質問は下記まで。
 東北歴史博物館 情報サービス班
  〒985-0862 宮城県多賀城市高崎1-22-1
  TEL:022-368-0106
  FAX:022-368-0103

 * * * * * * * * * * *

では定例会のご報告をさせていただきます。

2016年4月3日日曜日、戦災復興記念館5F会議室にて
第193回定例会が無事に持たれました。

20160403例会 - 6
気持ち良い暖かな日。

20160403例会 - 7
招待工人は遠くは黒石の温湯から来てくださった
津軽系の阿保六知秀さんです。

20160403例会 - 8
(上の画像をクリックすると別画面で大きくご覧頂けます)
六知秀さんの所で修行中の二十歳の工人たまごさんのこと
を嬉しそうに話してくださいました。

20160403例会 - 1
この頃の若い人に人気の小寸もの。

20160403例会 - 2

20160403例会 - 3

20160403例会 - 4
色々な大きさの今作っておられるこけしを
見せてくださいました。

20160403例会 - 5
例会のついでに、前回初お目見えした小笠原義雄さんに
師事している当会会員の熊谷の作も5本公表されました。

6次回は月ですので年一度の総会と懇親会です。
6/19(日)仙台ビジネスホテルでの開催となります。
みなさまご予定の確認とご準備、よろしくお願いいたします。

第193回例会ご報告

近々のこけし催事は、こけしを買うサイトの催事案内をご覧下さい。
秋田県こけし展は今週末、お忘れなく!
画像をクリックすると大きく別画面でご覧いただけます。
20160210秋田


さあ、この写真を見てピンと来る方いらっしゃるでしょう。
20160210英二さん1
八王子にお住まいの木地山系伝統こけし工人、
小椋英二さんの所のシャッター絵です。
ちょっとリニューアルしたそうです。

20160210英二さん3
いいですなぁ・・・

20160210英二さん2
かたわらに居るわんちゃんは英二さんの愛犬だそうですよ。

今回の例会は、この小椋英二さんにも関係があります。
初めて、小椋英二さんのお弟子さんのこけしをお披露目したのです!
ご本人はいらっしゃいませんでしたが控えめな方で、今までずっと自分のこけしを世に出した事がありませんでした。今回もう1人紹介された遠刈田系伝統こけし工人の小笠原義雄さん(今回の招待工人さん)の弟子と懇意で、「一緒に紹介されなければ嫌だ」とせがまれて仕方なくこけしを出して下さいました。今後、このようなことがあるかどうかは分かりません。

さあ、長い記事、嫌にならずに最後まで読んで下さいね。
レッツゴー。

2月7日日曜日、戦災復興記念館4階会議室で2016年はじめの定例会が無事行われました。
2016020713.jpg

この記事でご案内したイラストレーターの佐藤ジュンコさんが遊びにきてくれたり、数人見学にもいらしてくださいました。
ジュンコさんはこの二月から河北新報夕刊に毎週月曜日『街で会いましょう』という漫画を連載をなさっています。この例会のお話もちかぢか掲載されるかもしれません。皆さん、月曜日は河北新報の夕刊を買いましょう。

以下より今回は若手会員Gさんにお願いしました。

今回は小笠原さんに弟子入りしている熊谷さんの初頒布。
小笠原さんのお話によると『手先が器用で絵は元から上手、そして努力家』という熊谷さん、小笠原さんをとても尊敬されていて師弟愛が感じました!これからが楽しみですね。

会員からは各地のイベントの報告

・弥治郎こけし村初挽き
・鳴子・桜井さんの息子さんのトークイベント
・カメイ美術館マトリョーシカトークイベント

こけし関連のテレビ番組
・2/20『人生の楽園』梅木修一さん直美さん
・2/20『ふるさとCMフェスティバル』白石市

2016020714.jpg

2016020715.jpg
今回の招待工人、遠刈田系の小笠原義雄さん。

2016020706.jpg
おたふく、下膨れで愛らしいです。

2016020707.jpg
これも伝統的な胴模様です。

201602112.jpg
各種伝統柄のこけしを比較。

20160211.jpg
こんな可愛らしい髷こけしも見せて下さいました。

この入れ物こけしは、会員Wさん発案と小笠原さんがお話し下さいました。
今日はかわいい姫だるまが乗っかってます。
2016020709.jpg
2016020710.jpg


他に今回は本間直子さんの糸巻き型というモダンなこけしをご紹介。
2016020712.jpg

更に直子さんの凝った胴模様の各種をご披露。
2016020711.jpg


そして、これが小椋英二さんの弟子:海老澤妙美さんの作。
英二さんのこけしが色気があってお姉さんとすれば、海老澤さんのこけしは妹でしょうか、少女らしい可愛いお顔で、寒さや辛さに耐えているようです。まさに秋田おぼこ。
2016020704.jpg


ここから下が、小笠原さんの弟子の作です。
2016020701.jpg
右から二番目の薄墨の枝梅は、小笠原さん考案のものです。師匠ももちろん描かれます。

2016020703.jpg
これら桜崩しは我妻信雄さんの写し。
敢えて師匠の桜崩しは描かず、師匠の作と重ならないようにしてしているそうです。
2016020702.jpg

第191回例会ご報告

近々のこけし催事は、こけしを買うサイトの催事案内をご覧下さい。
山形県伝統こけし館の毎週日曜午後の、こけし絵付け指導お当番は上の方にございます。来年1月分まで掲載しています。

カメイ美術館では12/8〜コケーシカ鎌倉がマトリョーシカ博覧会を展示です。


12月6日日曜日、仙台ビジネスホテル2階会議室で2015年最後の定例会が無事行われました。
2015120610.jpg

今回の招待工人は、銀山温泉から伊豆徹さんがいらしてくださいました。
雪深いことで有名な銀山温泉ですが、今年はまだそう降らないようです。しかし、そのお陰で伊豆さんの帰り足の安否を心配せずにすみました。部屋に入っていらした時「篠山紀信?」と驚きました。何回かお店には伺ったのですがタイミングが悪くてご本人にお会いしたことはありませんでした。お話をしてみれば優しいお方です。
2015120611.jpg

お父上の伊豆護さんはお元気ですが、こけし作りはあまりなさらなくなったと言うことです。
その護さん作のお皿をお土産に持って来て下さいました。もちろん会終盤でのくじ引きになりました。むーん残念ながらハズレました。

伊豆徹さんが持って来て見せて下さった最近作です。

2015120606.jpg
がーーーん、なんとこれは回ります!!千夜一夜さんからのご依頼で作ったとおっしゃっていました。
下は回っている様子です。


2015120605.jpg

2015120608.jpg

2015120609.jpg


他には、西山敏彦さん(土湯)の弁之助型、浜吉型
2015120601.jpg

阿保六知秀さん(津軽)の多兵衛型、善二瓶型
2015120602.jpg

年末の恒例の干支玩具(鎌田孝志さん作)
2015120603.jpg

2015120604.jpg

お猿さんは上の傘を回すとくるりくるり


今回もおしまいには暑くて暑くての例会でした。

第190回例会ご報告

津軽系の阿保金光工人お亡くなりです。
詳しくは津軽こけし館スタッフブログこちらの記事をお読み下さい。


 * * * * * * * * * * * * * *

今回はレポートをKさんに、写真をGさんにお願いしました。
お二人ともありがとうございました。
スッキリとしたレポートと美しい写真です。

10月25日(日)仙台戦災復興記念館にて
第190回例会が開催され、34名の出席がありました。

木枯らし吹く寒い日でしたが、山形の新庄より
鳴子系 小林繁男工人をお迎えし、小林工人の
チャーミングかつ真摯なお人柄が反映された
こけしやアイデア豊富な玩具の数々に、会場の
温度も急上昇、大いに盛り上がる回となりました。
2015102512.jpg
2015102507.jpg

また、会報「青葉」20号が発行され、会場にて配布されました。

会員からは、新たなこけし切手発見のニュース(平井)や、
骨董市で見つけた作者不明のこけし二体の紹介(佐藤)、
カメイ美術館にて始まる「黒田學コレクション 蒐集の足跡」
2015/10/20-12/6の案内(青野)、
「酒田のこけし」探訪のお話(井幡)など、
持ち寄られたこけし話の数々に皆熱心に耳を傾けました。

ご紹介いただいたこけしは以下の通りです。

小林繁男工人より
こけし
2015102501.jpg
2015102502.jpg
2015102504.jpg

姫だるま
2015102508.jpg

こけし笛
2015102505.jpg


2015102509.jpg

小槌
2015102510.jpg

鉄棒
2015102506.jpg

縄跳び
2015102511.jpg

他に、お二人の工人さんの作品を鑑賞しました。
瀬谷幸治工人
2015102514.jpg

新山久志工人
2015102513.jpg


また、シリーズこけし(桜井昭寛工人)三回目の配布や、
古品こけし、みちのくこけしまつりのポスター配布なども
あり、熱気に包まれながら会はお開きとなりました。

次回は12月6日開催です。

 * * * * * * * * * * * * * *

小林繁男さんはこけしはもちろんの事、玩具類も色々お作りになる技術力の豊かな方です。この種類の多さ!行けなかったことが本当に悔やまれます。11/7〜8のみちのくこけしまつりでも、お会いできるのではないでしょうか。寒い日に新庄から来て下さってありがとうございました。

冒頭でお知らせした阿保金光工人の訃報。残念でなりません。
あどけない童女の表情のこけしは多くの方々に愛されています。うちの子が初めて自分のお小遣いで「買う」と決めたこけしは金光さんの作でした。まだまだお元気でどんどこ作って下さると信じていただけにショックを受けた愛好家は多いのではないでしょうか。心からお見送りをします。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

青葉こけし会

Author:青葉こけし会
こけしを愛する宮城県仙台市拠点の集まり。
「青葉こけし会」です。

リンク
※下のアイコンをクリックしてiTunesに登録できます。
こけしポッドキャスト