2011.8.27からカウントしています

美轆会記念雛販売など

今回は、3つ記事があります。
少し長いですが、3つ、お付き合い下さい。


 鳴子こけしまつり・横浜人形の家


今月、11月26日(金)、27日(土)、28日(日)と迫ってきました、
横浜人形の家で開催される「鳴子こけしまつり」。

会場:横浜人形の家
主催:鳴子温泉物産協会
共催:財団法人 横浜観光コンベンション・ビューロー

参加工人は、高橋義一大沼秀顯早坂利成柿澤是伸(敬称略)。
今年開催された第56回全国こけし祭りの入賞こけしなどを展示します。
鳴子のこけしも多数販売されるということです。
9月に行きそびれてしまった方々には、入賞こけしを直にみることのできる
関東での嬉しい機会となります。
2010鳴子こけしまつり横浜02
2010鳴子こけしまつり横浜01



   * * * * * * * * * * * * * * * * *


 美轆会二十周年記念作品


来年は美轆会も二十歳。
二十周年記念として、美轆会会員と各系統のこけし工人を合わせて
「五十人の雛人形」を製作し限定販売致します。

15セット限り、お早めに!

お問い合わせ・ご予約は新山 真由美工人まで
TEL0224-25-0015



   * * * * * * * * * * * * * * * * *

ドラマ・土湯こけしが唄う民謡にお宝の謎!

昨日、11月13日土曜日、土曜ワイド劇場で放映されたドラマ。
新聞記者・鶴巻吾郎4
ここでもお知らせしましたが、土湯温泉が舞台に多く登場しました。

一度土湯を訪れた方なら、誰でも「あそこは!」と分かる名所が盛りだくさん。
そして、随所に要となる「土湯こけし」をちりばめた、楽しい作品でした。
お話をここで書いてしまうと、後々ご覧になる方には楽しみが減るので止しますが、
陣野原工人が「ひさご」でお冷やを出すシーンに登場します。
ドラマ内で陣野原工人として出演しているのは役者さんですが、
工房のある観山荘も多くのシーンに登場します。
もちろん太子堂、こけし堂も登場。
なぜか、陣野原工人の作品として出て来るこけしが別の方の作品ですが、
そんなことは気にしていられません。
朝日写真館、そのお隣の伝承館も登場。
沢山のこけしがドラマの中で写す出されます。

再放送の折は是非またご覧下さい。


   * * * * * * * * * * * * * * * * *
スポンサーサイト

テーマ : 工芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

それは残念

おお、見逃してしまわれましたか。私は前半は録画できませんでした。家族の頼まれ番組のため、ドラマ全編は見ましたが、録画できたのは後半のみ。陣野原工人のところで修行中の工人が、殺人者に間違われたり、あの土湯温泉の川原から死体が上がったり、本気で見なければ面白いエピソードと馴染みの場所でいっぱいです。
「人形の家」未踏の館です。こういう文化遺産を伝える施設が危ういというのは、残念なことです。

残念!

13日のドラマ、すっかり忘れていて見過ごしてしまいました。土湯温泉とこけしに関するものが沢山出ていたようで残念です。再放送、期待ですね。横浜「人形の家」での「鳴子こけしまつり」、もう東京近辺では唯一の恒例行事となってしまったので楽しみです。ただ、「人形の家」自体が赤字経営で厳しい状況となっているようで、先行きが心配です。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

青葉こけし会

Author:青葉こけし会
こけしを愛する宮城県仙台市拠点の集まり。
「青葉こけし会」です。

リンク
※下のアイコンをクリックしてiTunesに登録できます。
こけしポッドキャスト