2011.8.27からカウントしています

全国こけしコンクール受賞作ご紹介

お待たせしました。鳴子で開催された
全国こけしコンクール受賞作のご紹介です。
(以下敬称略とさせていただきます)

いづれも手にしたいと思う良いこけしで、会場は湧いていました。
伝統こけし工人さんたちには、これからも積極的にコンクールにご出品いただいて祭りを盛り上げていただきたいです。


早坂利成(鳴子系)文部科学大臣賞・全国こけし祭り会長賞
20170901最高賞
20170901受賞作01

大沼秀顕(鳴子系)国土交通大臣賞
20170901受賞作02

高田稔雄(弥治郎系)林野庁長官賞
20170901受賞作03

荒川洋一(土湯系)東北経済産業局長賞
20170901受賞作04

鈴木明(作並系)東北森林管理局長賞
20170901受賞作05

長谷川建三(津軽系)宮城県知事賞
20170901受賞作06

松田忠雄(鳴子系)青森県知事賞
20170901受賞作07

笹森淳一(津軽系)岩手県知事賞
20170901受賞作08

小林繁男(鳴子系)秋田県知事賞
20170901受賞作09

平賀輝幸(作並系)山形県知事賞
20170901受賞作10

柿澤是伸(鳴子系)福島県知事賞
20170901受賞作11

北山賢一(木地山系)宮城県観光連盟会長賞
20170901受賞作12

星定良(弥治郎系)宮城県商工会連合会長賞
20170901受賞作13

瀬谷幸治(土湯系)宮城県物産振興協会会長賞
20170901受賞作14

新山真由美(弥治郎系)河北新報社賞
20170901受賞作15

鎌田孝志(弥治郎系)朝日新聞社賞
20170901受賞作16

大沼秀則(鳴子系)毎日新聞社賞
20170901受賞作17

鎌田美奈枝(弥治郎系)読売新聞社賞
20170901受賞作18

近野明裕(土湯系)産経新聞社賞
20170901受賞作19

柴田良二(木地山系)NHK仙台放送局長賞
20170901受賞作20

野矢里志(土湯系)東北放送賞・審査員奨励賞
20170901受賞作21

阿部木の実(木地山系)仙台放送賞
20170901受賞作22

日下秀行(遠刈田系)宮城テレビ放送賞
20170901受賞作23

佐藤誠孝(弥治郎系)東日本放送賞
20170901受賞作24

我妻敏(遠刈田系)エフエム仙台賞
20170901受賞作25

沼倉孝彦(木地山系)大崎タイムス社賞
20170901受賞作26

新山吉紀(弥治郎系)玉造商工会長賞
20170901受賞作27

佐藤美喜子(弥治郎系)鳴子温泉郷観光協会長賞
20170901受賞作28

陳野原幸紀(土湯系)鳴子温泉観光協会長賞
20170901受賞作29

本間直子(津軽系)鳴子温泉物産協会長賞
20170901受賞作30

田山和泉(南部系)審査員奨励賞
20170901受賞作31
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます

いつも読み応えある感想をお寄せくださってありがとうございます。
確かに、今回の鳴子は、白石のコンクールに比べてこけしの大きさが小さめでした。
毎回撮影に手間取ってなかなか一つづつの作品を充分に鑑賞できていないので、こうしてじっくりと考察なさった感想を読むのはためになります。
文末の『出品者も「受賞に結び付き易い型」を見分けるのが巧くなったのか?』と言うのも、今まで感じていてもうまく言葉で表現できなかったことです。受け継いでいる『型』によって損得がありがちなのも事実だと思います。どうしても審査する側にも好みがあり毎回入賞する作品が決まってきている傾向は否めません。

受賞こけし雑感。

今回も受賞作群のご紹介有り難うございます。全体の雰囲気は「小作り&懐古調」ですね。此方の眼を驚かせるようなこけしは無かったですが、二、三眼に残ったものの感想を紀します。早坂氏、「自分らしく、そして正しく鳴子」な感じ。小寸ものや玩具類も、派手さを抑えてさりげなく、甘すぎず程の良い雰囲気を出して作れる方で、今回はその辺りの「一種の節目」的な受賞だったのでしょうか。高田氏、ベースは慶明幸太型だと思いますが、表情など「今三郎幸太型」を思わせる雰囲気が一寸あります。松田氏、今回は庸吉型?形態は「原」(=手がしっかりしていた頃の庸吉こけし)を能く捉まえています。小林繁男氏、松三郎の所謂「オイチョカブこけし」。今回の「原」は一寸枯れてきた味わいのものですが、もっと前のアタマ円い頃のを「原」にして作ってみても又面白いかも?と思います。出品者も「受賞に結び付き易い型」を見分けるのが巧くなったのか?流石の安定、と見る者に思わさしめるこけしが多くなっている反面、「遊び」「余裕」「大らかさ」辺りは年々影を潜めている、と感じております。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

青葉こけし会

Author:青葉こけし会
こけしを愛する宮城県仙台市拠点の集まり。
「青葉こけし会」です。

リンク
※下のアイコンをクリックしてiTunesに登録できます。
こけしポッドキャスト