2011.8.27からカウントしています

5月3〜5日「全日本こけしコンクール」、土湯こけし祭りの様子

熊本を中心に震災の広がった週末、こちらでも額を寄せて
いろいろな話が飛び交います。
多くの方々のご健康と心の平安を願うばかりです。
街に出ている募金箱に入れたお金が、早く、困っている方々
のお役に立ちますように。


土湯こけし祭り、皆さん楽しまれましたか?
土湯でも5年前の震災時、多くの避難してきた方々を受け入れてきました。
当時を思い出し、夜遅くまで福島県民である連れと話をしました。
未だに帰宅困難者を抱える福島県の中での県民間の事情の差。
手当の差などから起こる深刻な問題。
九州ではこのような事態が起こらないように、公共の手が最適な
判断と最速の手当をしてくださいますように。

土湯のお祭りの様子は記事下方にご報告写真掲載です。

うかうかしていることはできません。
毎年恒例GWの5/3、4、5は宮城県内白石市の大規模運動施設
ホワイトキューブで「全日本こけしコンクール」です!
実演工人は例年6人のところ、今回は10人も!
超豪華な会場です。(以下順不同敬称略)

 ・津軽系 長谷川健三工人
 ・南部系 煤孫盛造工人
 ・木地山系 沼倉孝彦工人
 ・蔵王系 梅木直美工人
 ・作並系 鈴木明工人
 ・土湯系 阿部国敏工人
 ・遠刈田系 小笠原義雄工人
 ・鳴子系 柿澤是伸工人
 ・肘折系 鈴木征一工人
 ・弥治郎系 井上はる未工人

20160503白石
白石の全日本こけしコンクールでの展示についてお知らせです。

「こけし」の切手、「こけし」の風景印
に続いて、今回は第3回目です。

展示期間:5月3日(火)~5日(木)。展示場所:白石ホワイトキューブ・こけし
展示会場の壁面。
展示テーマ:「こけし」が描かれたカード(テレカなど)
展示枚数:約170枚
展示者:平井敏雄

20160417.jpg
5/3の懇親会に参加ご希望の方々は、上記の
弥次郎こけし工人会会長の新山左京さんへ
お申し込みください。

すでに旅支度も宿泊予約も済ませた兵達が白石へ行く
手はずを確認しておられる時期。

20160412河北新報
ホワイトキューブには白石の地場産品も豊富に並びます。
5/4の二日目には、新山真由美さんご参加の「弥治郎ダンサーズ」がダンスを披露します!
初日の5/3は外せませんが、翌日5/4の午後も目が離せません。
当然最終日には掘り出し物もございますでしょう。3日間通い詰めていただきたい。

同じ時期に、弥治郎こけし村でも通常通り販売があります。
弥治郎地区に工房を構える星博秋工人の所でも特別展示販売。

仙台駅からそう遠くない場所にあるカメイ美術館にもお運びください。

更にかぶって展示販売を仙台市内で展開する予定なのは、肘折系の佐藤昭一さんです。
20160415展示案内
4/29金〜5/8日まで、12〜15時の間。
一番町開国屋にて展示販売をなさるようです。

さてさて、では4/16土、17日と開催されました
土湯こけし祭りの様子をごらんください。

2016041704.jpg
4/16土曜日は晴天に恵まれました。

2016041703.jpg
こけし神輿も華やかに。

2016041702.jpg
アサヒ写真館にはすでに列が。

2016041706.jpg
土湯の女将さんがたはピンクのはっぴに身を包み。

2016041705.jpg
金蒟館の玉こんも絶好調。

2016041701.jpg
ひさごではこんな新メニューも。

2016041707.jpg
おもむろにきぼっこちゃんも登場。

2016041708.jpg
テープカットで第41回土湯こけし祭り開幕です。

2016041709.jpg
渡辺忠雄さんの、やまねやも混雑。

2016041710.jpg
一人挽きロクロ実演は、鳴子の早坂成利さん。

2016041712.jpg
土湯の若旦那図鑑が角川とコラボした漫画も。

2016041713.jpg
1日目のトークイベントは高橋五郎先生。
木地玩具であるこけし研究の第一人者の貴重なトーク。
会場はニュー扇谷旅館、館内には貴重なこけしの展示も多く、トークイベント以外にもお楽しみがたくさんでした。

2016041714.jpg
人々の流れは薬師こけし堂へ。

2016041715.jpg
こけし供養祭です。

2016041716.jpg
夕方6時からは事前予約で集まった面々が今年の当番旅館である向瀧旅館で豪華な懇親会。
あまり会う機会の無い愛好家同士、工人さんたちとの楽しいひと時です。

この土湯のこけし工人さん達、旅館さん、観光協会、とにかく土湯の皆さんが総出で盛り上げてくれています。写真に写っていない方々、工人さん達、もちろん準備期間を含めこの二日間のために大変な時間と労力を注いで下さっています。
だから、私たちがお祭りの二日間を存分に楽しめるのです。

2016041717.jpg
変わって翌日4/17日曜日は悪天候、その中会場の盛り上がりに尽力する土湯こけし工人の今泉源治さん、徳永慎一さん。

2016041718.jpg
鈴木征一さん(肘折)、志田菊宏さん(蔵王)、大沼秀顕さん(鳴子)。

2016041720.jpg
テント屋根に溜まった雨水をこまめに突っついて落とす西山敏彦さん(土湯)。

2016041723.jpg
煤孫盛造さん(南部系)、阿保六知秀さん(津軽系)。

2016041725.jpg
おや、一人挽き足踏みロクロに近野昭裕さん(土湯)。

2016041719.jpg
津軽こけし館や、お隣のブースさんの方々もバンザイ、でなく雨水排除中。

5年前に大きな震災を受け、やめてしまった旅館も多く、常宿を変更したのだと言うお話もあちこちで聞きました。放射能に対しての根強い風評被害も当初は大変なものでした。

それでも復活してまた元気にこけし祭りを開催することは、常に続いてきた土湯温泉の皆さんの努力と情熱があったからです。こけし祭りを楽しみながら、この5年間のことを思うと胸が熱くなりました。このちいさな山間の美しい温泉集落を心から愛する人たちが、これからもたくさん集いますように。
スポンサーサイト

テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

青葉こけし会

Author:青葉こけし会
こけしを愛する宮城県仙台市拠点の集まり。
「青葉こけし会」です。

リンク
※下のアイコンをクリックしてiTunesに登録できます。
こけしポッドキャスト