2011.8.27からカウントしています

写真追加しました『メキシこけし展』トークショー

今回写真撮影はバツでしたので、会場であるカメイ美術館さんから写真をいただきましたので、追加します。
201501261.jpg

近々のこけし催事、木地雛催事についてはこけしを買うサイト催事案内にて。2/1の青葉こけし会次回例会については1つ前の記事をご覧下さい。

トークショー開始の15時までに入場しようと行くと、既に数人並んでいました。参加費1000円(入場は無料)と引き換えに、メキシコ土産とメキシこけし購入券(一人1本限り)をいただきます。階下へ下りると更に多くの人達が、並んだ椅子の場所取りや売店探索をしていました。他にもメキシコの作家さんの作品や通常販売のこけしもあり、こちらは券無しでも購入可能なので先にお買い物をする方も多く見受けられました。

トークショーの始めに12/23に同カメイ美術館でトークショーをなさった志田朝美さん(メキシコ政府観光局職員)から、今回の展示について経緯等のお話がありました。

そして、政井マヤさんの登場です。マヤさんだけでなく、日本のメキシコ大使館にお努めの男性もお話相手として来て下さいました。政井マヤさんはまるでお人形のようで横に立った男性もキリリとしたイケメンで、会場はざわめきました。お二人ともダブル(メキシコ人と日本人のご両親)、昨年、日本とメキシコの親善大使を努めたマヤさんの通訳をなさっていた男性とのお話は、言葉の行き来がリズミカルで楽しくなりました。話題が沢山あるので、と、紙に書いた話題をクジ引きの用にめくりながらトークは進みます。
201501262.jpg

会場には、土湯から近野明裕さん、仙台市内から佐藤康広さんと2人のこけし工人さんもかけつけてくれました。どちらの工人さんもメキシこけしを手がけて下さっています。

仙台とメキシコの交流の古さ。不遇な運命を辿った支倉常長は400年前にスペインの支配下にあったメキシコを訪れたこと。日本とも古くから交流があることで、メキシコ大使館が日本でも一等地に位置している事。アカプルコと仙台が姉妹都市であること。

メキシコの世界遺産は31もあり、様々な都市がそれぞれ違った魅力を持っている事。タスコオアハカアカプルコカンクンなどの有名な都市以外にも、サン・ミゲル・デ・アジェンデという美術学校が多い町の魅力。

最近注目されている『愛母豚(アボトン)』(アボカドオイルを飼料に混ぜて飼育している上質な豚肉)の話題。メキシコ料理はフ2010年、ユネスコの無形文化遺産に登録されていること。マヤさん達の大好きな料理の数々のお話。モーレ(mulliまたはmolli)という、チョコレートソースを使用する特徴的な料理の話。トマトはメキシコが原産地であること。

メキシコの有名な画家フリーダ・カーロ、強い女性のアイコン的存在であるマリア・フェリックス(カルティエには彼女の名を冠した時計やジュエリーのコレクションがあるそうです)のこと。国旗に対する尊敬の念が強い国であるが、そのデザインは13回もマイナーチェンジをしていること。
201412212.jpg
201412211.jpg
(画像をクリックすると別画面で大きくご覧いただけます)

面白くて興味深いお話が次々に飛び出しました。
時間の許す方々はトークショー後、メキシコ珈琲とお茶菓子のお愉しみもありました。美しいボトルに入ったテキーラ試飲(運転する方以外)も少し。トークショーの主役だったお二人もいつの間にかちょっと雑談に混ざって下さり、楽しく時間が過ぎました。

前回の志田朝美さんのトークは、メキシこけしと作家さん達について。今回はメキシコについての様々なお話を聞けて、よりメキシこけしに興味と理解を深めました。
政井マヤさんのお話し相手をして下さった男性は、メキシコでは男性の正装に使われる特別なシャツをお召しでした。
20150127.jpg
麻素材のこのシャツ、様々なものがあるそうですが、ドレスコードにも名前が出るメキシコではポピュラーな正装。何と言う名前だったか・・・書き留めた名前が違うようで探せませんでした。みなさんこのシャツにパリッと糊を利かせて美しく正装なさるそうです。胸ポケットはあちらのお国独特で葉巻を入れる用途というのが又しゃれてますね。

まだ会期は2/22日まであります。
最終日の2/22日には、
ウイチョール族によるビーズのワークショップも開催されます。
 ・午前の部:10:30~12:30
 ・午後の部:14:30~16:30
   参加費4,000円※入館無料・メキシコの珈琲とお菓子付き
   (各回10名様まで・※要予約)
   (当日必要な持ち物は特にありません)
 ◎ご予約はカメイ美術館までメールかお電話で!
参加されたいイベント名、(ワークショップの方はお時間も)
  お名前(ご同伴者のお名前もお願いします)とお電話番号をご記入ください。
  メール: info@kameimuseum.or.jp
  電 話: 022-264-6543 (受付時間 10:00~17:00)
  
 ※メールでご予約いただいた方には、折り返しメールにてご連絡しております。
  ご予約後3日以上経過してもメールが届かない場合は、恐れ入りますが
  お電話いただきますよう、お願い申し上げます。

カメイ美術館のメキシこけし展には、現地の美しい風景写真も展示されています。
メキシコ旅行のベストシーズンは11月〜4月あたり。親日感情の多いメキシコですが、私たちは馬鹿な旅行者にならないよう、メキシコの常識や礼儀、治安や言葉も踏まえ、楽しくメキシコを訪れてみたいなと思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

青葉こけし会

Author:青葉こけし会
こけしを愛する宮城県仙台市拠点の集まり。
「青葉こけし会」です。

リンク
※下のアイコンをクリックしてiTunesに登録できます。
こけしポッドキャスト