2011.8.27からカウントしています

青い顔のこけし

今週末11/9は山寺でこけし塔供養祭です。
詳しくは前の記事のこちらへ。
他の催事案内はこけしを買うサイト催事案内をご覧になって下さい。
とげぬき地蔵での鳴子系実演、ひやねでの山河之響の会、そして月末には横浜人形の家での鳴子こけしまつりが11/29土30日とあるようです。髙橋 義一さん、大沼 秀顯さん、柿澤 是伸さんにお会いになれます。

今日は今年夏に開催された木地山こけし展に初お目見えした新しい工人さん佐藤達雄さんのご紹介です。
(大阪こけし教室の会報、269号の中根様の記事から抜粋)
達雄さんは昭和18年生まれ。秋田県湯沢市の伝統工芸である川連漆器業木地業を営む家:佐藤利吉商店の四男四郎の次男に生まれました。
20歳より家業を継ぎ、木地挽きと塗りを父親四郎から伝授されています。
初期の小椋秦一郎のこけしは、この佐藤利吉商店で取り扱われていました。

達雄工人は平成8年からこけしを試作(市販はしなかった)。
この夏、小椋秦一郎の孫、阿部均さん(川連漆器師)から許可を得、秦一郎型を作り始めました。

写真の顔のこけしは、達雄工人が作っているものです。
秋田県出身の木版画家、池田修三の描く少女をモチーフにしているとこのことです。公式サイト内のこのページを見るとなるほどと思います。秋田県内の色々な企業のカレンダーやカードのデザインになる有名な作家です。

20141107達雄さんこけし
(この三本は私物です)

佐藤達雄工人は、皆さんご存知の沼倉孝彦工人の木地挽きの師匠でもあります。
201408061.jpg
大らかでらいらくな人柄が出ている、明るい優しいこけしを作ります。
工人手帖には未だ掲載されていませんが、皆さんお見知りおきください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

青葉こけし会

Author:青葉こけし会
こけしを愛する宮城県仙台市拠点の集まり。
「青葉こけし会」です。

リンク
※下のアイコンをクリックしてiTunesに登録できます。
こけしポッドキャスト