2011.8.27からカウントしています

第25回 全国伝統こけし工人フェスティバル

無事終了した「第25回 全国伝統こけし工人フェスティバル」
昨年は来場者が増えて喜んでいました。
今年は更にヒートアップ、初日に開館待ちの列が出来、二日目
の最終日は午後からも続々と沢山の方々が訪れて下さいました。
20121022津軽01
やってきました青森県黒石市、津軽こけし館。

20121022津軽02
失礼しました、急に写真をうつしたので、既にこけしが完売して
放心状態の笹森淳一さんは、はっとしたお顔。
20121022笹森さん2
昨年末、火災でご自宅と工房を無くされていましたが、
20121022笹森さん1
ジャーン、この通りお仕事ができる工房が再建。
しかし「以前のようにはまだ仕事ができていない」と
少しだけお持ちになった売り物は、すぐ完売していました。

笹森さんのこけしを目当てに来るなら、午後からなんて
言語道断でした、反省しています。
では、会場の中をご案内していきます。
津軽こけし館を入り、すぐ右に今回の企画セット「ニコニコこけし」
その奥に大寸こけし大盤振る舞い。
左を見るとお買い物清算所(レジ??)。

入って右側手前から参加下さった工人さんご紹介です。
(注):撮影時間がだいぶズレている為、こけしの数の多い
工人さんは早い時間、少ない工人さんは遅い時間に撮影、
と思って間違いないです。

ちょっと眼を離すと、こけしが売れて減っている、という
超常現象が起きていました。


20121022津軽03
しばらく前お会いしたとき、だいぶお痩せになって心配しましたが
林檎でつやつや元通り、元気いっぱい小島俊幸さん(津軽系)。

20121022津軽17
油断していると、こつ然とご自分の所から消えるので
やっと撮影できた、新山吉紀さん(弥治郎系)。

20121022津軽18
初めてこの大きさを描いた、と手にする佐藤康広さん(遠刈田系)。

20121022津軽07 
久々のご参加、息子さんの工人修行も始まった加納博さん(作並系)。

20121022津軽16
背後には来週のみちのくこけしまつり、静かなる巨人小林清さん(山形)。

20121022津軽21
いつ見てもにこにこしている別名そば打ち工人、陣野原幸紀さん(土湯系)。

会場の一番奥には、絵付け体験の会場があります。
贅沢にも参加各工人の白木を自由に選べて、その方の
ご指導を仰げるという眼がお星様になる素敵な企画です。
しかも全部統一料金で1000ぽっきりという頑張り。
20121022津軽29
丁寧に指導下さる、本間直子さん(津軽系)。
20121022津軽30
男の子達を指導するのは阿保正文さん(津軽系)。
手前の美女二人の指導には、吉田勝範さん(鳴子系)が。

では、今度は左手奥から工人さんをご紹介します。
先ほどの吉田勝範さん(鳴子系)の移動轆轤実演ブース。
20121022津軽42
そのすぐ手前にご本人。
20121022津軽26
吉田さんを見つけた時、島津誠一さん(津軽系)と何か
歓談されていましたが、あまりに滑らかな言葉遣いで
私には何をお話されているか分かりませんでした。

20121022津軽02
同じ写真ですみません、笹森淳一さん(津軽系)。

20121022津軽20
奥様と一緒に気温を上げていた新山実さん(弥治郎系)。

20121022津軽14
ちょいとはにかんでいるのは、鈴木征一さん(肘折系)。

20121022津軽12
ちょうど角にいらしたのは、高円寺に行かれる山谷レイさん(津軽系)。

20121022津軽13
その横で明るい空気を放っているのは本間直子さん(津軽系)。

20121022津軽11
お孫さん一歳!!美しき姉御、新山真由美さん(弥治郎系)。

20121022津軽19
異国の方が興味津々で見ているこけしの主は早坂利成さん(鳴子系)。

20121022津軽09
通るたびに、何か面白いことをしている阿部国敏さん(土湯系)。

20121022津軽08
こけしの可愛子ちゃんハーレム状態の平賀輝幸さん(作並系)。

20121022津軽05
なぜ、この方を見ると頬が弛んでしまうのか、阿保金光さん(津軽系)。

20121022津軽06
りんごちゃんを率いるのは、津軽のホープ、阿保正文さん(津軽系)。

20121022津軽10
カメムシ大臣、神出鬼没で11月は横浜に出没、大沼秀顕さん(鳴子系)。

20121022津軽15 
きのこちゃんは前日入り、2日目にいらした志田菊宏さん(蔵王系)。

20121022津軽04
大トリを務めてくださるのは(ご本人は全くそのつもりはないです)
阿保六知秀さん、余裕の貫禄(痩せてるけど)です。

津軽こけし館の一日は、あっという間に過ぎていき、
この後、さっちゃん司会進行の交流会へともつれ込みます。

今日はここまでにして、次回、コケシケ子ちゃんのこと、
こけし灯籠、宴会ちょっと、など、ご紹介しようと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 伝統工芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

青葉こけし会

Author:青葉こけし会
こけしを愛する宮城県仙台市拠点の集まり。
「青葉こけし会」です。

リンク
※下のアイコンをクリックしてiTunesに登録できます。
こけしポッドキャスト