2011.8.27からカウントしています

雛こけし催事終了

他の近々の記事は、1つ前の記事。
こけし催事はこけしを買うの催事案内をご覧下さい。

平成24年は雛こけし催事が多かったようです。
北から、津軽こけし館みやぎ蔵王こけし館弥治郎こけし村
土湯温泉、と、雛こけし催事目白押しでした。

雪も多かった今年、予想もしない日にどっと降ったり。
出かける足も鈍りました。
遠刈田のみやぎ蔵王こけし館に最終日前に少し行って来ました。

201203262.jpg
佐藤一夫さんの巨大雛こけし。
販売可能な雛こけしは、大抵会期中に売れてしまったようで、数が少ないように思いました。
新人さん3人のこけしも並んでおりましたが、見ると「非売品」がついていました。

201203263.jpg
新人、達曽部さんの雛こけし。

201203264.jpg
新人、日下さんの雛こけし。

201203265.jpg
新人、熊谷さんの雛こけし。

201203261.jpg
こけし館前の作業小屋には、佐藤哲郎さんが達曽部さん熊谷さんの指導のために詰めておられました。日下さんは今日は風邪でお休みでした。

201203266.jpg
帰りに、哲郎さんのご厚意で工房へ寄りました。

201203267.jpg
さすが、貫禄の作業姿。
哲郎さんの工房は、蔵王BOOの向かい側です。
ざっくばらんで優しい奥さんも迎えて下さいます。

ここで青葉こけし会の皆様にニュースです。
4月8日の例会には、紹介工人として新人さん3人が、佐藤一夫さんと一緒に来場します。
もちろん、こけしも持って来て下さいます。
どこよりいち早く、3人の工人さんのこけしをじっくり鑑賞する機会となります。
招待工人は、昨年賞をお取りになった佐藤保裕さんです。
奇しくも遠刈田系一色の工人さん達、華やかな会になりそうです。
スポンサーサイト

テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

もっと早い時期に見に行っていれば、沢山の雛こけしを見ることが出来ただろうとちょっと残念でした。雛人形の1つとして雛こけしも集める方、多くなるといいなと思います。
3人の新人さんには、長く作り続けて欲しいと、心から願います!

雛こけし、壮観ですね!

一夫さんの雛こけし、壮観ですね。
それに新人さんも、もう雛こけしを作っているのですね。
雛こけしは、こけしと違って伝統性が厳格ではないし、こけし以外の愛好者も多いと思うので、まだまだ増えそうですね。
4月の例会に新人3工人が来られるのですか。羨ましいです。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

Author:青葉こけし会
こけしを愛する宮城県仙台市拠点の集まり。
「青葉こけし会」です。

リンク
※下のアイコンをクリックしてiTunesに登録できます。
こけしポッドキャスト