2011.8.27からカウントしています

第36回秋田県こけし展ニュース追記あり

お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、
ブログのトップページに画像を採用しました。
23年度青葉こけし会シリーズでご紹介して来た
遠刈田系:小笠原義雄工人の作品です。
よろしくお願いいたします。

全国の新山真由美ファンのみなさま!
2月17日金曜日宮城テレビ『Oh!バンデス』に
17:40頃、ご出演の予定です!!

白石、土湯、遠刈田、津軽、と、雛こけし催事
続々と開催されます。
土湯、津軽のコラボレーション企画等もあり、お時間
ご都合のつく方は、是非各地で雛こけしを愛でて下さい。

 * * * * * * * * * * * * * *

今年も秋田県こけし展が、湯沢市の犬っこ祭りと
同時開催で行われました。
入賞者こけしは、下の方にアップしてあります。

毎日ニュースになるほどの豪雪に見舞われている秋田県。
24akita01.jpg
仙台からのバスの中からもその様子が分かります。
24akita02.jpg
二階建ての一階部分は埋もれています。
24akita30.jpg 24akita26.jpg
たびたびの地吹雪にびびりながらも、会場へは平穏に。
24akita25.jpg
会場では、三春文雄さんが実演中。大人気です。
今回は悪天候で心配されましたが、初日は賑わいを見せました。
朝一番で、コケーシカ鎌倉沼田元氣氏も来場の後。
東京からの顔見知りのお客様もちらほら。
こけしぼっこの会長の姿も見えました。
順不同で、会場の展示販売のこけし達をご紹介。
既にだいぶ数が減ってからの画像だとご了承下さい。

24akita13.jpg

24akita14.jpg

24akita15.jpg

24akita16.jpg

24akita17.jpg

24akita18.jpg

24akita07.jpg

24akita08.jpg

24akita19.jpg

24akita10.jpg

24akita20.jpg

24akita21.jpg

24akita22.jpg

24akita11.jpg

24akita12.jpg

24akita03.jpg

24akita04.jpg

24akita05.jpg

24akita06.jpg


また、会場の大きなガラス張りの展示スペースには、
色々な過去のこけしから今のものまで、普段みられない
ものも多数展示されていました。

お待ちかねの授賞こけしは、同じくガラス越し。
24akitasyozen1.jpg
下からのライトで顔の白く写るものもありますが我慢してご覧下さい。

    24akitasyo2.jpg  24akitasyo6.jpg
秋田県知事賞:北山賢一さん、湯沢市長賞:小椋英二さん

  24akitasyo3.jpg  24akitasyo7.jpg
秋田魁新報社賞:三春文雄さん、河北新報賞:本間功さん

   24akitasyo4.jpg  24akitasyo1.jpg
毎日新聞社賞:中川郁夫さん、朝日新聞社賞:阿部市五郎さん

   24akitasyo5.jpg
読売新聞社賞 菅原修さん

素朴な美しさと愛くるしさを持ち合わせ、また、雪に
閉じ込められた中での冬の生活には我慢強い優しい女性
の写しとも思える秋田こけし。
今年多くの若い方々が絵付け体験にも姿を見かけました。
来年はもっと沢山の方々が、また新しい魅力のこけしを見つけに
足を運んで下さいますよう、心から願います。
24akita27.jpg 24akita28.jpg
また、犬っっこまつりは盗難除けの犬っこ細工を買ったり
犬のお祓いや、楽しい出店もありますが、五穀豊穣を願う
水神様をまつるお祭りでもあります。
秋田に豊かな恵みを、たくさんもたらして下さいますように。
 * * * * * * * * * * * * * *

追記:帰りのバスをゆっくり17時発にしましたが、積雪強風吹雪で
   高速道路があちこち寸断され、仙台駅東口に到着したのは24時過ぎ。
   欲張って遅くまでおらずに13時のバスで帰るべきでした。
   予約制なので急に変更も出来ず、勉強になりました。
     そして車中で今回購入した最も高価なこけしが、景品の日本酒パック
     が破裂して酒まみれになったこと・・・
     長い道中と乾燥して暑い車内に耐えきれず、酒風呂に入ってしまった
     のだと気の毒に思いました。
スポンサーサイト

テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

まだ匂っています

まさに衝撃的でした。バスの中は狭いので包みを開けませんでしたが、帰宅後すぐに確認したら包みがべっとり酒に浸っていました。用心深く包みを取り外すと、臭い立つような酒まみれのこけしがいました。
風呂に入ったように下の方中心に彩色が落ちてグラデーションがかかっていました。顔は無事と思いきや、辛かったんでしょうか、左目の下の墨がほんの少し落ちて涙のようになっていました。気の毒な事をしました。

お酒まみれ・・・!

部外者でございますが。

最後の追記が衝撃的でした。
酒まみれって、どうなっちゃうのでしょう。。。ぼんやりと想像つきますが、何ともお気の毒なことでしたね。
きっとこけし部屋の中で、ほんのりと誘いかけるような香りを漂わせてくれるのでしょうね。

良い展示でした!

国恵志堂さま、ありがとうございます。
楽しんで下さるのが一番、うれしいです。
自業自得とは言え、お酒とこけしを同じバッグに入れた事を未だにくよくよしています。また工人さんに、年内にでも同じものをお願いしようと思います。
今回、小寸物を多く見ました。個人的には北山賢一さんの秋田おぼこらしい小寸ものが心に残りました。阿部市五郎さんの天衣無縫な筆使いとあどけないこけしの顔も印象的でした。三春文雄さんはご存知の美しい出来のこけし多数。高橋雄司さんの着物こけしにも小寸があり、これも強く心惹かれました。新型には、羽後市の夏の名物、西馬音内盆踊りhttp://ugo.main.jp/bonodori.html
を胴模様に描いた凝ったものもありました。

泊まらずにもっと購入出来ればと思わずにおれませんでした。

お疲れ様でした!

トップ頁の画像、奥行き感もあって「青葉こけし会」が輝いていますね。素晴らしいです。
大雪の中、大変でしたね。このブログのお陰で我々は暖かい部屋の中で会場の雰囲気を味わうことができ、ありがたいことです。木地山系のこけしと雛こけしが沢山出ていて、華やかで良いですね。また、三春さんの受賞作は昨年私が頼んだ石蔵型で、これも嬉しいことでした。
帰りのバスはこけしが酒まみれになったそうで、本当にお疲れ様でした。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

青葉こけし会

Author:青葉こけし会
こけしを愛する宮城県仙台市拠点の集まり。
「青葉こけし会」です。

リンク
※下のアイコンをクリックしてiTunesに登録できます。
こけしポッドキャスト