2011.8.27からカウントしています

第200回例会・総会交流懇親会

先日2017年6月4日日曜日、青葉こけし会は記念すべき
第200回例会総会を無事に持つことができました。
偶数月に開催される例会は1年6回、単純に割算で33年。
では、駆け足でその様子をお伝えします。
私は参加できなかったので会員Iさんにレポートを頂き、
会員Hさんにお写真をいただきました。

2017060401.jpg
◎総会は、議案のとおり役員退任、新任の件を含め、意義なく承認されました。
2017060403.jpg

2017060402.jpg

2017060404.jpg
◎200回例会は表彰式から始まりました。
・28年度例会皆出席者表彰の21名、会報『青葉』30号原稿賞の9名の各人へ会長より表彰状並びに副賞(こけし)が授与されました。

2017060405.jpg
これは総会の日だけ存在するお土産こけし。
受付で参加費を納入するときにどれか1本手渡されます。
今年は期せずして白石で最高賞の高田稔雄(弥)さん作。

2017060407.jpg
皆勤賞のご褒美は吉野稔弘(弥)さん作。

2017060406.jpg
機関紙青葉に原稿をくれた会員には岩附義正(土)さん作でした。

000表背裏見返
上の画像は、例会200回記念の『こけしの名札〜伝統こけし工人署名録〜』
という冊子の表紙・瀬表紙・裏表紙です。

冊子の余白には毎年会員のお孫さんが描いてくれるこけし絵
カレンダーの絵、各県表紙にはイメージカラーの上に長田氏の
こけし絵版画が配された楽しい冊子です。

p004左目次
青葉こけし会古老会員による、こけし剤になる木々の解説文は
愛好家にも工人さんにも読み応えがあります。

発刊への説明があり、今後全員が一丸となり、700部を完売することを誓い合いました。

和紙のような質感の厚紙が表紙で、長田氏のこけし絵版画の渋さ。
青葉こけし会というこけしの底の署名、一冊2,100円(+消費税)と
少し高価ですが、ポケットサイズのこの冊子にはたくさんの楽しみ
が詰め込んであります。
ぜひ一度ご覧になって欲しいです。
ISBN978-4-87398-113-0
書店でお問い合わせください。

全国の書店で予約入手可能ですが、青葉こけし会を通して購入
することもできます。
お問い合わせは青葉こけし会TEL:022-257-4016
あるいはこのブログのコメントから。

・29年度シリーズこけしの引渡し 鳴子系?橋義一工人作第1回目(2本)
・最後は、皆さんお待ちかねの『福引きこけし抽選会』です。
2017060408.jpg
各人、籤運もありますが、大寸、小寸、玩具等、見せ合い和気あいあいと歓談していました。

◎交流懇親会
2017060410.jpg

2017060411.jpg
会長挨拶のあと、来賓工人14名を代表して、『弥治郎こけし業協同組合理事長』新山実』工人

2017060412.jpg
愛好家10名を代表して『みちのくこけし協会顧問』箕輪新一様よりご挨拶を頂きました。

2017060413.jpg
そして、『秋田こけし会・会長』京野進様の乾杯の音頭で懇親会が始まりました。

2017060415.jpg

2017060416.jpg

その後、例年のように総会会場へ戻り、延々とこけし談義に花を咲かせていました。
今年度も、よろしくお願い致します。
スポンサーサイト

第199回例会ご報告

去る平成29年4月9日日曜日、第199回例会が無事持たれました。
今週末の土湯こけし祭りの詳細は前の記事をご覧ください。
例会で配布しました津軽のフライヤーを下に掲載します。
詳しくはこちら津軽こけし館のブログをご覧ください。
~世界共通、良い木は良いモノを生み出す~
Good Wood@津軽こけし館
平成29年 4月8日(土)~6月26日(月) 


第199回例会、会員Iさんからレポートをいただきました。

20170409例会10

斎藤会長から次例会が例年通り総会と同時開催と告知。
平成28年度総会(6月4日)です、ご記憶ください。

○招待工人は、佐藤勝洋工人(遠刈田系) 大寸から小寸まで
  各種多数最近作をご説明くださいました。
20170409例会11

20170409例会04 20170409例会05

20170409例会06

20170409例会08 20170409例会07

20170409例会09


他には、松谷伸吉工人(鳴子系)の最近作や
20170409例会02


野地三起子工人(土湯系)の最近作
20170409例会03


そして中川郁夫工人(木地山系)の作品を鑑賞、会長から説明を受けました。
20170409例会01

○情報、行事、産地訪問等
  ・温海阿部進矢工人訪問 作品依頼が数年後までカレンダーが埋まっている?
   とてもお忙しい様子です、お元気で作り続けて欲しいですね。
  ・秋田こけし展 雪の湯沢のこけし展は想い出に残る
            青葉会員の樫尾氏、初の審査員
  ・土湯こけ博 女子のみ、外国人のみのこけしセミナー開催
  ・西田記念館 企画展『土湯下の松屋と温海こけし』

○署名録作成持ち込みこけしの撮影
  ・会員へ未入手6工人の協力依頼

○29年度シリーズこけし
  鳴子系高橋義一工人作の紹介

などなど。
春は異動の季節です。
仙台近郊から遠方へお引越しされる会員もいました。
毎回は無理ですが、年一回の総会には是非多くの会員が
顔を見せて話ができますようにと願うばかりです。

続きを読む

第198回例会ご報告

今週末は秋田県湯沢市で犬っこまつり。
同時開催で秋田県こけし展が控えています。

平成29年の初めての例会は、2/5日曜日無事に
開催されました。
会員Iさんにお写真とレポートをいただきました。

○斎藤会長 今年初めの例会の新年挨拶
青葉こけし会に『桜ライン311』よりチャリテイこけし寄贈による感謝状の報告
20170205感謝状

○招待工人 山形系小林清工人
201702059.jpg

描彩は勿論、木地師としての見事な孫笛こけし等業師の作品群。
倉吉型、だるま花柄表裏のペン立て、こけし笛が入っている孫こけし等々の説明
201702057.jpg 201702054.jpg
201702053.jpg

201702055.jpg

201702056.jpg

小林敏子工人(清工人のお姉さん)が35年ぶりに描彩した逸品
201702058.jpg

   新山匠太工人の2種
201702052.jpg 201702051.jpg


28年シリーズこけし(最終5回目)星博秋作(2本)の配布

図録『東北の木地玩具たち』の配布(天理参考館企画展より)

鎌田孝志工人作 29年干支玩具の配布

○こけし界報告
  ・『山形こけし館』3月末日で閉館 今後のことは未定。(何らかの形で再開か?)
  ・弥治郎初挽き(実演:吉野稔弘工人)年々集客少なく残念
  ・秋田こけし展 特別展『今晃のこけし』 湯沢犬っこまつり ㋁11・12日
  ・土湯温泉に『こけしの里』31年春オープン
  ・各地の『こけし雛展』 

○署名録作成の今回の持ち込み品撮影
   土湯、弥治郎、蔵王高湯系のこけし

今回のゲスト、小林清さんは誠実で素朴な方。
飾らないお話はとても楽しく、良い時間でした。

以前の清さんの作品を持ってきて並べて見せてくれた
会員さんがいて、ため息が漏れていました。

次回例会は4/9です。

第197回例会ご報告

12/11日曜日、戦災復興記念館にて、無事に
第197回例会が持たれました。
会員のIさんからお写真とレポートをいただきました。

まず恒例の斎藤会長挨拶から。
201612117.jpg

今回の招待工人は、鳴子系の須貝國男工人です。
木地を挽いて60数年の腕前は素晴らしい!
201612118.jpg

こけし・ねまりこ・雛こけし等の最近作を見せてくださり
説明をいただきました。
201612115.jpg

201612113.jpg

201612114.jpg

こけしの絵柄は数種あり、全部ほしいほどです。
201612116.jpg

その他、白鳥保子さん(蔵王高湯系)
201612112.jpg

北山賢一(木地山系)さんの作を皆さんでご覧いただきました。
201612111.jpg

平成28年シリーズこけし(第4回目) 星博秋(2本)さん

予約図録の配布
   『東北の木地玩具たち』 天理参考館企画展より

平成29年『干支』玩具の予約
   例年通り、鎌田孝志作 『酉』
DSCN6488.jpg

12/15木曜日の河北ウィークリーの巻頭特集に会員でもある
こけしぼっこの小島典子さんのインタビュー記事が掲載されます!
もちろんこけしの記事です。
皆さんお楽しみに。

署名録作成の現在の状況と協力の依頼
   今回の持ち込み作品の撮影 (山形・作並・木地山・遠刈田系)
   工人さんの承認は約80%

平成29年青葉こけし会カレンダーの配布(27年10月~28年8月例会の招待工人作品)

・会員より各地のこけし行事等の報告
   ○12月2日~3日 山形みちのくこけしまつり 
     すごい行列でしたが、誰の作品が目当てなのか?
     総理大臣賞は小椋英二さん作

   ○『福島を中心としたこけし産地とその背景』
      西田記念館 平成28年12月1日~平成29年3月31日
      こけし工人のルーツ『木地師』の資料等の紹介

   ○『早稲沢木地工場資料館』の開館 平成28年9月18日
      北塩原村檜原地区(民宿ひばら敷地内)
      暮らしをつないだ木地師の技を伝える資料施設

   ○平成29年1月2日 弥治郎こけし初挽き(実演:吉野稔弘工人)

   ○平成29年2月11日~12日 秋田こけし展・湯沢犬っこまつり


  和気あいあいの例会でした
  今年も1年『こけし』と一緒に楽しいひと時でした。
  皆さん、また来年も元気で参加しましょう。
  健康に留意し、良いお正月をお迎えください。  

第196回例会開催&催事ご案内(今回は盛りだくさん!)

来月11月のとげぬき地蔵尊高岩寺での実演販売、
20161111とげぬき

神田古書街、ひやねでの山河之響会については
20161123山河

1つ前の記事をご覧ください

 * * * * * * * * * * * * * *

間も無く今週末は東京で高円寺フェス2016です。
2016.10/29土・30日の2日間
高円寺でもこけしに出会えます。
さまざまのイベントが数多く企画されている中、

MY FIRST KOKESHI!
〜はじめての伝統こけし〜
in 高円寺フェス2016

詳しくはこちらのサイトへ。

10月29日(土)11:00~18:00
10月30日(日)11:00~17:00
会場名:高円寺北区民集会所
※橋本恒平さん(こけし工人)の参加が決定しました!

トークイベントもあります!
阿保六知秀さん(こけし工人)、山田拓郎さん(津軽こけし館)
を招いてのトークイベントです。
【日時】10月29日(土) 18:30~19:30
【参加料金】2,500円(※予約制、お土産こけし付)
【定員】30名

すでに満席になってしまってるようですが、
諦めきれない方はキャンセル待ちでしょうか。

 * * * * * * * * * * * * * *

仙台市内では電力ビルグリ−ンプラザでこけしに会いましょう。
それぞれ画像をクリックすると別画面で大きくご覧いただけます。
2016101002.jpg
2016101001.jpg

 * * * * * * * * * * * * * *

カメイ美術館では明日10/25火曜日から
こけしの展示が変わります。

今晃の世界
ファン倶楽部20年のあゆみ


2016年10/25〜2017年1/22
仙台においでのさいは是非お運びください。

 * * * * * * * * * * * * * *

先日、津軽こけし館にて無事開催された工人フェスの記事もちょっと掲載。
画像をクリックすると別画面で大きくご覧いただけます。
20161016津軽新報
地元、津軽新報です。

 * * * * * * * * * * * * * *

息が切れてまいりましたが、やっと例会ご報告です。
第196回例会は無事に戦災復興記念回にて10/23(日)開催されました。
この日の参加人数は青葉こけし会では多い方で43名。
見学者の方々もいらして賑やかでした。
2016102314.jpg

ゲストは黒石から阿保正文さん!
先週工人フェスでも活躍してきた若手津軽系のヒーローです。
2016102315.jpg

最近作っておられるこけしの種類を見せてくださって
色々な会員につかまって(?)お話をされておられました。
2016102308.jpg 2016102307.jpg

2016102306.jpg 20161023.jpg

2016102305.jpg 2016102304.jpg

2016102303.jpg 2016102302.jpg

控えめな正文工人はお声も控えめでマイクを調達すれば
よかったと舌打ちしました。
申し訳なかったです。

他に、少しだけ別の工人さんのこけしもご覧いただきました。

2016102313.jpg 2016102312.jpg
鳴子系、熊谷正さんの作。
左の胴模様はあまり見ません。

土湯系の太田孝淳さんの作。
昔を彷彿とさせるざらっとした木地に懐かしさ、顔の表情に新しさ。
2016102310.jpg 2016102309.jpg

この頃はどうしておられるのか東京木地山系の小椋英二さんの作。
雰囲気の違う3つを見比べました。
2016102311.jpg

ここで密かに発表。
こんな長い記事をここまで根気よく読んだ方しかわからないですが。

青葉こけし会は来年6月の総会例会で200回目を迎えます。
そこで会員から何か記念になるようなことをしようじゃないか。
と言う意見が出ました。
仙台市地元の老舗書店で出版部も持たれている
金港堂さんのお力添えもあり、企画が持ち上がりました。
『こけしの名札〜伝統こけし工人署名録〜』の発行です。
今こけしを作っておられる現役の工人さん、というのを
くくりとして会員に呼び掛け自分の収集の中から
こけしを持参してもらい、それを掲載します。
会員が持ってないこけしは掲載不可、さらに工人さんの
掲載許可が下りない場合は残念ながら掲載見送りですが。

例会になかなか参加が難しい遠方の会員さんで有志の方は、
白バックにて署名のアップ、こけし全体の写真、あるいは
データを送ってもらうことになります。

この本は、最近毛筆離れをしている日本人が、なかなか署名
を判読できないことから若い愛好家が増えて欲しい、誰の作
か手がかりをこれで得て欲しいという願いからです。

決して研究書ではないので必要最低限のことしかフォローしま
せんが、カメイ美術館発行の工人緑と同じサイズで作ります。
2冊一緒に持ち歩いて楽しんで欲しいという考えです。

余白も多くなろうということで、
こけし関連のイラストも募集中
モノクロ、あるいはカラーを問いません。
5cm四方程度のイラストを求めています。
もちろん無償、青葉こけし会会員ならどなたでもよこしてください。
イラストに関しては郵送でもデータでも構いません。

問い合わせはこのブログのコメント欄から、あるいは
青葉こけし会のお電話まで。
Tel 022 - 257 - 4016(斎藤)
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

青葉こけし会

Author:青葉こけし会
こけしを愛する宮城県仙台市拠点の集まり。
「青葉こけし会」です。

リンク
※下のアイコンをクリックしてiTunesに登録できます。
こけしポッドキャスト